読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kodebuyaの日記

再分配にYES!!そして橋下にNO!!の食レポブログです。

「予測できない」ことはなかった

橋下徹大阪市長が相変わらず吠えている。
お知らせ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

耐震性を十分調査しないまま、大阪市住之江区の旧WTCビル(現・大阪府咲洲(さきしま)庁舎)を購入して大阪府に損害を与えたとして、市民団体「おおさか市民ネットワーク」のメンバーら82人が12日、松井一郎知事を相手取り、前知事の橋下徹・大阪市長に同ビルの購入費や移転費など96億3000万円を返還させるよう求める住民訴訟を、大阪地裁に起こした。

訴状などによると、橋下市長は知事時代、府本庁舎(大阪市中央区)を同ビル(55階建て、256メートル)に全面移転する構想を表明し、一昨年6月、市側から約85億円で購入した。しかし昨年3月の東日本大震災時に壁など約360か所が損傷し、専門家から揺れに対する弱さを指摘されたため、全面移転を断念。現在は第2庁舎として使われている。

 今回の提訴について、橋下市長は報道陣に「議会で議論し、賛成を得たが、たまたま震災で問題が生じた。将来のことまで予測できない。移転反対の人たちは選挙を通じ、僕らを落とせばよかった」と話した。
(2012年1月12日12時07分 読売新聞)

「選挙を通じ、僕らを落とせば」というのは確かにごもっともだが、大阪のW選挙は「独裁」か「反独裁」か?や、大阪都構想の是非という橋下側の議題に乗っかって進んでしまったのだが、本当なら橋下府政の実績を議題にするべきだったと思う。
しかし、「将来のことまで予測できない。」とは厚顔無恥としかいいようがない。
橋下市政のブレーンの上山信一はかって自身のブログにこう書いていた。
●WTC移転問題についての意見 上山信一@"見えないもの"を見よう

WTC移転問題についての意見

以下は毎日新聞
府庁どこへ:移転を巡る声/上 上山信一さん/河田恵昭さん
 大阪府庁舎の大阪ワールドトレードセンタービルディング(WTC、大阪市住之江区)への移転議案をめぐる府議会の議論が最終盤を迎えている。橋下徹知事が唱える「大阪のベイエリアを活性化する起爆剤」になるなどの意義はあるのか。学識経験者や大阪のまちづくりに携わる人々から意見を聞いた。

 ◇「今がいい」は時代錯誤−−上山信一さん(慶応大教授・公共経営学)
 現在の大阪府庁舎は老朽化が激しく、耐震性にも問題がある。優秀な若い人は現庁舎で働きたいとは思わないだろう。財政状況が厳しい中、庁舎問題の解決にはWTC移転が一番合理的だ。安上がりで素晴らしいビルがあるのに、今が良いというのはアナクロニズム(時代錯誤)に過ぎない。移転条例案が否決された3月に比べ、今回は大阪市がWTCのある咲洲(さきしま)のエリア開発やアクセス改善により協力的な姿勢を示しており、府市連携を象徴するプロジェクトになる可能性が出てきた。
 政治は今やシングル・イシュー・ポリティクス(単一課題の政治)の時代だ。小泉純一郎元首相は郵政民営化で、県レベルでは嘉田由紀子・滋賀県知事が東海道新幹線の新駅建設中止問題を掲げたように、今の政治は象徴的なテーマを示すことで、改革の方向性が決まる。橋下知事も大阪が抱えるテーマの象徴である庁舎移転で、リーダーシップを示せばよい。この政治手法は普段は選挙に無関心な層の票を掘り起こす力がある。4年前の郵政選挙がまさにそうだった。大阪府の場合も府民がWTCへの移転を支持すれば、11年4月の府議選に何らかの影響を与える可能性があるのではないか。

◇防災面でデメリットも−−河田恵昭さん(関西大教授・環境都市工学)
 防災面だけでみると大阪府庁の位置は国の機関や警察が集中する現在の大手前地区の方がいい。地震、水害など災害時は府だけでは対応できない。実動部隊をほとんど持たない府の役割は各機関との連携だ。府庁だけがWTCに行くと連携は難しくなる。災害対策本部に関係機関が集まれない場合、電話やテレビ会議だけでは人の命の問題を、的確に判断できないことも考えられる。

 大阪府は防災センターを大手前地区とWTCに2カ所作るというが、日ごろ、活動していない拠点は災害時の役に立たない。両方機能させようとすれば経費が高くつく。大阪市と危機管理部門を一緒にするなど、工夫が必要だ。忘れてはいけないのは住民の命。地球温暖化などの影響で大型台風が来れば、WTCの位置する大阪湾岸部全体に高潮被害の可能性がある。シャープ堺工場は最悪の事態に対応できるよう、地面に土盛りをして工場を建てたほどだ。そうした高潮対策が湾岸部全域でまだ不足している。府県庁の位置は人口分布の中心が望ましく、東京都庁が移転した理由もそれが大きかった。(ベイエリア開発など)不確かな経済的観点で移転先を決めるのは、リスクが高い。

カテゴリー[ 大阪市改革 ], コメント[0], トラックバック[0]
登録日:2009年 10月 19日 21:38:25

橋下は千年に一度の大災害であることをいいことに、強弁するのだが実際は09年から耐震性云々の問題だけではなく防災の問題が大きいと反対意見もあったのにもかかわらず移転を強行したのだった。だから「予測できなかった」から責任がないといういいわけは通用しないと思うのだが...

これくらいでなければ人気市長は務まらないものらしい。