kodebuyaの日記

再分配にYES!!そして橋下にNO!!の食レポブログです。

失礼を承知で

芥川龍之介 或阿呆の一生

三十三 英雄

 彼はヴオルテエルの家の窓からいつか高い山を見上げてゐた。氷河の懸つた山の上には禿鷹(はげたか)の影さへ見えなかつた。が、背の低い露西亜(ロシア)人が一人、執拗(しつえう)に山道を登りつづけてゐた。
 ヴオルテエルの家も夜になつた後、彼は明るいランプの下にかう云ふ傾向詩を書いたりした。あの山道を登つて行つた露西亜人の姿を思ひ出しながら。……
――誰よりも十戒を守つた君は
誰よりも十戒を破つた君だ。

誰よりも民衆を愛した君は
誰よりも民衆を軽蔑した君だ。

誰よりも理想に燃え上つた君は
誰よりも現実を知つてゐた君だ。

君は僕等の東洋が生んだ
草花の匂のする電気機関車だ。――

芥川龍之介はここで「君」をレーニンを想起しながら書いたといわれているが、ここに描かれている「君」の姿が

  • 光市事件の弁護団懲戒請求を煽り、自分は懲戒請求を出さなかった

橋下徹に被って見える。

などと書くと草葉の陰から芥川龍之介とレーニンからフルボッコされかねないな(苦笑)。
少なくともあの男には「草花の匂」はしないし、そもそも「理想に燃え上つ」てなんかいないし。